『一生、お客に困らない 日本人の知らなかったフリーエージェント起業術』 レビュー 評判 マイケル・ポート

『一生、お客に困らない 日本人の知らなかったフリーエージェント起業術』

 

もしあなたが

  • 何かの専門家で起業してみたい。
  • もしくは既に起業している。
  • ただ、起業して一人でやっていくのが不安だ。
  • お客の集め方もよく分かっていない。
  • 営業とかもあんまりやりたくない。

などといったことに思い当たるフシがあるなら
この本が役に立つかもしれません。
 

コンサルタントや各種士業、デザイナーなど
何かの専門知識や専門スキルがある人は
独立起業すれば収入を増やすことができます。

但し、知識やスキルがいくら優れていても
お客さんがいなければ、無一文になります。

逆に、もし予約の絶えない状況を作れれば
収入は青天井になることでしょう。
 

この本はそういった
起業して理想のお客が集まる仕組みを
どうやって作るのかがわかる本です。

起業初心者の方のみならず
今、起業して上手くいっていない人も使える
非常に頼りになるガイドブックです。

この本をチェックする

『一生、お客に困らない!日本人の知らなかったフリーエージェント起業術』 
『一生、お客に困らない!日本人の知らなかったフリーエージェント起業術』 

「フリーエージェント社会の到来」

『日本人の知らなかった フリーエージェント起業術』 目次

PART1 あなたの基盤

CHAPTER1 入場制限ポリシー
CHAPTER2 なぜ、あなたから買うのか
CHAPTER3 パーソナル・ブランドの構築
CHAPTER4 対話─仕事内容の伝え方

PART2 信用と信頼の構築

CHAPTER5 自分を何者と位置付けるか
CHAPTER6 営業サイクル
CHAPTER7 情報としての製品の力

PART3 簡潔な営業・完璧な価格設定

CHAPTER8 完璧な価格設定
CHAPTER9 簡潔なる営業

PART4 セルフ・プロモーション戦略

CHAPTER10 ネットワーキング戦略
CHAPTER11 ダイレクト・アウトリーチ戦略
CHAPTER12 系統的な紹介戦略
CHAPTER13 連絡を取り続ける戦略
CHAPTER14 スピーチ戦略
CHAPTER15 ライティング戦略
CHAPTER16 ウェブ戦略

『日本人の知らなかった フリーエージェント起業術』 口コミ・評判

『一生、お客に困らない!日本人の知らなかったフリーエージェント起業術』

マイケル・ポートの独創的かつ実践的なシステムは、これまで見てきた中で最高だ。この本を読んで、ビジネスを変えよう!

本書には、的確なアドバイスや実践的な練習問題が数多く含まれている。この本に書かれた知恵を理解すれば、より実りある仕事人生を築く心構え、意欲、熱意が得られるはずだ。

リンク先の本書の商品ページにて、この本を実際に買った方のカスタマーレビュー、感想を読むことができます。

マイケル・ポート 著者紹介

マーケティングおよび営業をテーマに世界中の企業や業界団体に向けて講演を行い、最高の評価を受けているほか、小規模ビジネスを成功に導くため、示唆に富んだ協調的な、成果を重視したメンタリング・プログラムを提供している。

本書をはじめ、「Beyond Booked Solid」「The Contrarian Effect」「The Think Big Manifesto」といったベストセラーを持つ作家であり、「ボストン・グローブ」紙で「並はずれて正直な作家」、「ウォール・ストリート・ジャーナル」紙からは「マーケティングの教祖」と称される。

また、テレビのパーソナリティーとしてケーブルテレビやキー局にレギュラー出演している。

※目次、著者紹介は、ダイレクト出版から正式に提供された文章です。

この本をチェックする

『一生、お客に困らない!日本人の知らなかったフリーエージェント起業術』 レビュー

『一生、お客に困らない!日本人の知らなかったフリーエージェント起業術』イメージPhoto: Vive La Palestina

フリーエージェント社会

「エレクトロニクス住宅(コテージ)」

これは、この本に出てくる言葉だ。

『第三の波』 アルビン・トフラー(1980年)

注)記事中の出版年はすべて日本での出版年

農業社会、産業社会に続く、「第三の波」情報化社会で出現する――執筆時に想定した――未来の仕事像だ。多くの人は「在宅」で仕事をしている。エレクトロニクスとは、パソコンのことだ。

最近、あまり聞かなくなったが「SOHO」という言葉には馴染みがあるだろう。

そして、こんな言葉もある。

「フリーエージェント」

こんな本を思い浮かべる。

『フリーエージェント社会の到来』 ダニエル・ピンク(2002年)

おそらく、本書のタイトル『フリーエージェント起業術』は、これを意識したのではないだろうか。(原題は“Book Yourself Solid”)

アメリカですでに4人に1人が、フリーエージェントだ。

『フリーエージェント社会の到来』には、こう書かれていた。この本では、その現状がレポートされている。ちなみに、著者のダニエル・ピンクはゴア副大統領就任時のスピーチライターの肩書きでよく紹介されている。

フリーエージェントとは、個人で独立、起業してビジネスをすることだ。

本書の表紙の帯には、こんな職業が書かれている。コンサルタント、歯科医、FP(ファイナンシャル・プランナー)、士業、整体師、セラピストほか。

『一生、お客に困らない!日本人の知らなかったフリーエージェント起業術』(2013年)は、顧客を集めることに焦点を絞っている。これは、フリーエージェントが最も苦労する点かもしれない。

かつて、私も3年ほどフリーランス(個人事業主)だった。WEBデザインやその他の制作をやっていた。フリーエージェントだ。

その経験もあるので、本書は興味深く読めた。

この通りにやればできる! 起業マニュアル

『フリーエージェント起業術』は、こんな構成になっている。

『フリーエージェント起業術』
  1. あなたの基盤
  2. 信用と信頼の構築
  3. 簡潔な営業・完璧な価格設定
  4. セルフ・プロモーション戦略

1章と2章は、顧客の話になる。3章は、営業や価格の話。4章は、PR戦略について詳しく載っている。

4章はこんな感じだ。

<7つの中核的セルフ・プロモーション戦略>
  1. 「予約でいっぱいにしよう」ネットワーキング戦略
  2. 「予約でいっぱいにしよう」ダイレクト・アウトリーチ戦略
  3. 「予約でいっぱいにしよう」紹介戦略
  4. 「予約でいっぱいにしよう」連絡を取り続ける戦略
  5. 「予約でいっぱいにしよう」スピーチ戦略
  6. 「予約でいっぱいにしよう」ライティング戦略
  7. 「予約でいっぱいにしよう」ウェブ戦略

『フリーエージェント起業術』は、「予約でいっぱいにしよう」を合言葉にその行動ステップが、「練習問題」として本書の随所で登場する。練習問題をやっていくだけで、独立起業がうまくいくようになっている。

著者マイケル・ポートの顧客の93%が本書のやり方で成功しているそうだ。

『一生、お客に困らない!日本人の知らなかったフリーエージェント起業術』

「予約でいっぱいにしよう」行動ステップの「練習問題」

未来の仕事

単純労働の仕事は、ロボットに取って代わられる。

すでに、駅員さんは切符を切らなくなり、自動改札になった。同じように、多くの仕事は徐々に自動化されていく。

インフラやサービスも整いつつある。

  • 事務所はいらない、在宅で
  • フリーエージェントの連携
  • 社員はいらない、業務はアウトソーシング
  • 広告も安い

神田昌典さんは、こう言っている。

人類史上はじまって以来、最も起業しやすい環境に私たちはいる。

ドラッカーは、こう言っていた。

ネクスト・ソサエティは知識社会である。知識が中核の資源となり、知識労働者が中核の働き手となる。

「知識社会」なんだから、技術職、 専門職は大丈夫だよね。

いや、そうとも言えない。

ダニエル・ピンクは著書で、安価な海外の技術者がどんどん採用されいく例をあげていた。

『ハイ・コンセプト』 ダニエル・ピンク(2006年)

インドのプログラマーが、アメリカのプログラマーのわずか数分の一で雇えると。

歯科医院は、コンビニよりも多いと言われている。競合の多い「レッドオーシャン」では、下手をすれば沈んでしまう。

税理士が行うような業務は、ソフトウェアがこなしていく。

だからこそ、ビジネスの設計し、作り上げていくことが重要である。

これは、「AI」や「安価な技術者」ではできない。

『フリーエージェント起業術』に書かれていることは、これからの時代に必須のノウハウと言えるだろう。

この記事では、本書のノウハウの紹介は避けた。一連の行動ステップを取り出して紹介しても無意味で、良さも伝わらないだろう。

しかし、一つだけ、紹介するならこれだ。

個人の成長やビジネスの発展のための地球上で最高の戦略とは、思い切った自己表現である。

これからの時代、仕事はあなたの生活やキャラクターへ肉薄していく。

注)企業でも同じだ。顧客を惹きつけているAppleやNikeは強烈なアイデンティティをもっている。機能的な技術力なら日本の企業も負けていないはずだ。

あなたは、世界で一人しかいない。

あなたのビジネスも唯一無二のものだ。

近い将来、たとえ「AI」や 「安価な競合」 が現れても、あなたを必要とする顧客がいれば、ビジネスは安泰なのだ。

あなたのビジネスを
「予約でいっぱい」にする方法

この本をチェックする

【無料】要約 eBook プレゼント

ダイレクト出版の本 1冊1分でポイントがわかる 要約 eBook
無料 eBook はこちら
注文前に本の内容をチェック!

関連記事

  1. 『秘・資産形成術』

    『秘・資産形成術』 レビュー 評判 マイケル・マスターソン

  2. 『バーチャルCEO』

    『バーチャルCEO』 レビュー 評判 クリス・ダッカー

  3. 『社長の生産性を上げるシステム思考術』

    『社長の生産性を上げるシステム思考術』 レビュー 評判 サム・カーペンター

  4. 『臆病者のための科学的起業法』

    『臆病者のための科学的起業法』 レビュー 評判 マイケル・マスターソン

  5. 『大富豪の起業術』

    『大富豪の起業術』 レビュー 評判 マイケル・マスターソン

  6. 『億万長者の不況に強いビジネス戦略』

    『億万長者の不況に強いビジネス戦略』 レビュー 評判 ダン・ケネディ

  1. 『大富豪の投資術 』

    【今なら無料】『大富豪の投資術 』 レビュー 評判 マーク・モーガ…

    2018.03.04

  2. 『ウェブセールスライティング習得ハンドブック』

    【特価】『ウェブセールスライティング習得ハンドブック』 レビュー…

    2018.03.01

  3. 『あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法』

    【特価】『あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンライ…

    2017.12.21

  1. 『ザ・ローンチ 世界一効率的に億万長者になる方法』

    『ザ・ローンチ 世界一効率的に億万長者になる方法』 レビュー 評判…

    2017.12.29

  2. 『現代広告の心理技術101』

    『現代広告の心理技術101』 口コミ レビュー 感想 評判 ドルー・エ…

    2017.12.28

  3. 『脳科学マーケティング 100の心理技術』

    『脳科学マーケティング 100の心理技術』 レビュー 評判 (ニューロ…

    2017.12.27

  4. 『秘・人脈活用術』

    『秘・人脈活用術』(マル秘・人脈活用術) レビュー 評判 ボブ・バ…

    2017.12.26

  5. 『天才詐欺師のマーケティング心理技術』

    『天才詐欺師のマーケティング心理技術』 レビュー 評判 ダン・S・…

    2017.12.25

ブログについて

このブログでは、ダイレクト出版の本をご紹介。ここから、あなたの “ビジネス成功の方法” を見つけてください。34冊の要約を収録した【無料】eBook も人気。
 
注)URLが変更されました。directbook.biz (.bz) は以前のドメインです。

ブログ執筆者

いくつかのブログやネットショップの運営をしている。さまざまな会社を経験。社員10万人規模のメーカーから、東証一部上場のIT企業、のちにジャスダック上場のベンチャー、社員10人ほどの中小企業、フリーランス(個人事業主)まで。2009年に起業、会社設立。
 
毎日、数人がメルマガ登録。会員数2200人。このブログとメルマガを通じて、月間数百人がダイレクト出版の本を手にしている。ブログの誕生秘話は『ザ・ローンチ』のレビューで。

期間限定キャンペーン