【人気・新刊】『ストーリーブランド戦略 』ドナルド・ミラー

『ストーリーブランド戦略』

良い商品なのに
なんで売れないんだ……

あなたもそう思いませんか?

「少し考えます」
「検討します」

と言われたら
あぁ、またダメか……
という気分になりますよね。

その一方で

「ウチより品質が悪いのに
 なんで売れているんだろう?」

と思うような商品って
ありませんか?

一体、何が違うのでしょうか?
 

スティーブ・ジョブズの事例が
参考になるので
少し紹介しますね。

Appleから追放されたジョブズ

スティーブ・ジョブズは
ある日、会社を追い出されました。
(自分の作った会社なのに!)

原因はとあるプロジェクトの
失敗でした。

そのプロジェクトで作った商品は
かなり良い商品です。

なのに、全く売れませんでした……

そんなジョブズは
物語作りの天才が集まる
ピクサーで働く事になりました。

その中で、とある秘密を
知る事になりました。

この秘密は
何十年経った今でも
ピクサー映画を
世界中に大ヒットさせています。

そして、この秘密を知って
Appleに戻ったジョブズは
次々のヒット作を生み出しました。

一体、ジョブズが手に入れた
とある秘密とは
何なのか?

その正体は商品が売れる
「パターン」です。

ハリウッド映画などで使われる
売れるパターンを
商品に応用した事で
Appleは急成長を遂げました。

もしあなたが
商品が簡単に売れる
パターンを知りたいなら……

こちらをご覧ください。
 

P.S.
商品が売れるパターンには
7つのステップがあります。

パイレーツ・オブ・カリビアンや
スターウォーズなどは
この構成に沿って作られています。

そして、映画で使われている
構成を商品を売る事に
応用したものを今から紹介します。
 

ステップ1
主人公

商品やサービスではなく
消費者を主人公にする。
つまり、消費者が問題を解決するための
お手伝いを商品で行います。

ステップ2
問題の特定

消費者が買うのは
外的問題に対する解決策ではなく
内的問題の解決策である。

ステップ3
導き手の登場

消費者が求めているのは
もう1人の主人公ではなく
導き手である

ステップ4
計画の提示

消費者が信頼するのは
計画を提示する導き手である。

ステップ5
行動喚起

行動を促されない限り
消費者は行動しない。

ステップ6
回避したい失敗

人間は悲しい結末を避けようとする。

ステップ7
成功する結末

商品やサービスの価値を
推測してもらおうとせず、
必ず言葉にして伝える

もしあなたが
押し売りする事なく
商品が売れるようになりたいなら……

こちらのページをご覧ください。

この本をチェックする

「どんな本? ざっくり教えて」

『ストーリーブランド戦略』

ストーリーを使ったブランディング(マーケティング)の方法。本書はそれを教えてくれる。大ヒットしたハリウッド映画は、ある法則が使われている。その法則を7つの要素にまとめ、マーケティングに活用する。例(サンプル)も大ヒットした映画ばかり。面白く読み進めることができるだろう。

「誰におすすめ?」

  • 商品、サービス、ブランド、会社などを売り込みたい
  • お客を惹きつけてやまないマーケティングがしたい
  • 「いい商品なんだけど……」商品紹介が苦手な方

「ここがポイント!」

『ストーリーブランド戦略』

本書はストーリーの法則の説明だけではない。「ストーリーブランド・フレームワーク」のやり方がわかる。大丈夫、簡単だ。1枚の紙に、7つの要素を書き出していくだけ。これで、あなたの商品、ブランド、会社などを、わかりやすく、魅力的に伝えるストーリーが書ける。ストーリーが作れるだけでなく、ストーリーを用いた効果的なマーケティングの方法もわかる。

『ストーリーブランド戦略』

あなたは、あなたの商品を、誰よりもうまく紹介できなければならない。

『ストーリーブランド戦略 』目次

Introduction
顧客の物語を伝える
7つのフレームワークで、伝え方、売り方を変える

第1部
マーケティング費用がかさむ理由

Chapter 1
伝えるための原則
見て、聞いて、理解してもらうために大切なこと

情報を簡潔に分かりやすく伝えることは容易ではない
「伝え方の仕組み」がわかると、小説は売れ、会社は急成長した
マーケティングやブランド戦略はなぜ失敗に終わるのか
商品やサービスを紹介するときに企業が犯す2つの重大な間違い
物語があなたの願いを叶える
「雑音」はビジネスの敵である

Chapter 2
物語の7つの要素
事業を成長させる秘密兵器

物語は「雑音」と戦う最大の武器になる
物語は雑音を選り分けて選別してくれる
アップルが消費者とつながるために打ち出した3つの柱
物語とは何かを一から考える – ジョブズがピクサーから学んだこと
物語に欠かせない7つの基本原則
物語が優れているかを確かめる3つの重要な質問
反応テストに合格する

Chapter 3
フレームワークの概要
ストーリーブランどのフレームワークの7つの要素と基本原則

ストーリーブランド・フレームワークと7つの要素
ストーリーブランド・フレームワークの実施
ブランドスクリプトを使って情報を整理する

第2部
ストーリーブランドの構築

Chapter 4
主人公
消費者が求めているものを明確にして簡潔に伝える

物語に空白を作る – 主人公と主人公の望むものの間にずれを設ける
消費者の願望を一つに絞る
消費者の存続(サバイバル)に関わる願望を選ぶ
消費者が問題に抱く興味とは

Chapter 5
問題の特定
商品やサービスに対する関心をさらに高めるには?

全ての問題の根元 – 「悪役」を探求する
第2の構成要素 – 問題の3つのレベルに目を向ける
消費者を完全に満足させるブランド
悪役を定義する=消費者が抱える問題を解決する

Chapter 6
導き手の登場
企業は、自らを主人公ではなく導き手として位置付けなければならない

全ての主人公は導き手を求める
導き手が持つ2つの特徴
消費yさに良い第一印象を与える方法

Chapter 7
計画の提示
消費者の不安を取り除く踏み石を置く

混乱している消費者に、明確な計画を提示する
消費者に行動を促すための2種類の計画

Chapter 8
行動喚起
「今すぐ行動」ボタンの侮れない力

注意してくれるよう促す
行動喚起は、わかりやすくなんども繰り返す
行動喚起の2つの理由
繰り返し求める者は、最終的に与えられる

Chapter 9
回避したい失敗
失うものが何かをはっきりさせる

失うものが何かをはっきりさせる
災難の起こる場所
商品を買わないとどうなるかを警告する

Chapter 10
成功する結末
「人はどこかに連れて行って欲しいと望む」

結論はわかりやすく具体的にする
もっともよくある物語の結末
解決することで、物語の輪を閉じる

Chapter 11
自分を変える商品
「違う誰かになりたい」という欲求こそ、消費者が購入に至る最大の動機である

主人公は変化することを運命付けられている
書い手が求める理想の姿を定義して、商品を関連づける
消費者は人からどう見られたいと思っているのかを理解する
導き手は商品や計画を上回るものをもたらす
消費者の自己認識を変化させる

第3部
ストーリーブランド
ブランドスクリプトの実践

Chapter 12
ウェブサイトの改良
商品が必要である理由を消費者に理解してもらう

ウェブサイトから始めてみる
ウェブサイトに求められる5つのポイント
ブランドスクリプトとの一貫性が不可欠だ

Chapter 13
従業員の意欲を高める
ストーリーブランドを活用して企業文化を変える

メッセージは曖昧な組織では「語りの断絶」が発生する
会社の中心には全てを統一する物語が必要だ
使命を物語に変える
「使命遂行」プログラムをスタートさせる

第4部
導入ガイド

Check List

ストーリーブランド
マーケティングロードマップ
事業を成長させる5つの(そして、ほぼ無料)の取り組み
ロードマップ5つの課題を段階的に実行する

課題その1:会社の一言紹介文を作る

4つの構成要素を使って一言紹介文を作る
一言紹介の効果的な使い方

課題その2:見込み客のを獲得する手段を作り、メールアドレスを集める

見込み客を獲得するために絶対欠かせない要所

課題その3:自動メール配信キャンペーンを用意する

価値ある内容のメールを定期的に送信する
自動メール配信キャンペーンの始めの一歩
お薦めできるソフトウェア

課題その4:変化の物語を集めて、見込み客に伝える

お客様の声を紹介する

課題その5:紹介される仕組みを作る

既存の固定客を特定する
顧客の口コミを広める理由を作る
謝礼を用意する
紹介の仕組みを自動化する

Afterword
最高の導き手のために
優れた物語の結末は、善良な人々が勝利すると決まっている

『ストーリーブランド戦略』

『ストーリーブランド戦略』 口コミ・評判

『ストーリーブランド戦略』

事業を明確にし、活気づけ、変革するアイデアを中心に構築された、影響力の大きい本だ。業務についての情報発信を改革する具体的かつ詳細な方法を提案している

ドナルド・ミラーは商品の売り方以上のものを教えてくれる。顧客の生活を変える方法だ。事業を成長させたいなら、この本を読むことをおすすめする

ストーリーブランド・フレームワークは、私が知る中で最高のマーケティングツールだ。あらゆる人に推薦できる。本書が発行されたことにより、この画期的な情報が一層利用しやすくなった

リンク先の本書の商品ページにて、この本を実際に買った方のカスタマーレビュー、感想を読むことができます。

著者紹介 ドナルド・ミラー

『ニューヨークタイムズ』紙ベストセラーリスト作品の著書。企業が効果的に情報を発信できるように導くストーリーブランド(Story Brand社)のCEOとして、3000社を超える企業の成長を支援してきた。ポッドキャスト番組『Building StoryBrand』では共同司会を務める。

※目次、著者紹介は、ダイレクト出版から正式に提供された文章です。

『ストーリーブランド戦略』 レビュー・感想

『ストーリーブランド戦略』イメージ

炎の少女

ゲームが始まった。全12地区から集められた若者24名。全員が文字どおり「生き残り」を賭けて戦う。

ヒロインのカットニスは、妹の身代わりとなってこのゲームに志願した。歴代のゲーム勝者ヘイミッチの助けを借り、得意の弓でこの戦いに挑む。

これは全世界で大ヒットした映画『ハンガー・ゲーム』。ハリウッドの映画は、あるパターンで作られている。あなたも聞いたことがあるかもしれない。

ストーリー展開のことだ。

なぜ、物語なのか?

いつからか、ビジネスやマーケティングで、「ストーリー」が注目されるようになった。このベストセラーでも、これからの時代には、「論理」より「物語」が重視されると書かれている。

『ハイ・コンセプト』 ダニエル・ピンク

では、なぜ、物語なのか? あなたは答えられるだろうか。

『死霊』で知られる作家 埴谷雄高はこんなことを言っている。

人の心の隠れた奥底のさらに奥底を描き出し得るのは哲学ではなく、まさに文学である。哲学はエヴィデンツ、明証が必要であるけれども、天才の描く文学は一瞬のうちに「わかった」と思わせる明証性をこそ、その「何処か」に隠しもっている

文学は、物語(ストーリー)と言い換えてもいいだろう。

「わかった」

ストーリーは、パッと相手に、本質的なことを「わからせる」ことができる。わかりやすく「伝える」ことができる。わからせるため、難解な哲学論文のように、くだくだしく説明する必要なんてない。

「いい商品なのに売れない」

「いい商品」が売れない理由は、その商品の良さが「伝わっていない」からだ。ストーリーを使えば、伝わる。伝われば、売れる。

物語の法則

「小説家でもあるまいし、ストーリーなんて書けるわけがない」

そう感じるかもしれない。しかし、もう少し読み進めてもらえれば、その心配はなくなるはずだ。

ちょっと聞いてほしい。私は、以前からストーリーに興味を持ち、こんな本を読んできた。

代表的な本を挙げると……

『千の顔をもつ英雄』 ジョーゼフ・キャンベル

『神話の力』 ジョーゼフ・キャンベル

『昔話の形態学』 ウラジーミル・プロップ

『物語の法則』 クリストファー・ボグラー&デイビッド・マッケナ

日本の有名マーケターも、書いている。

『冒険の作法』 小阪裕司

『お金と正義』* 神田昌典

注*)『お金と正義』では、近未来の社会予測を物語(小説)にしている。

ダイレクト出版からも、すでにこれらが出版されている。

『ザ・ストーリー』 ロバート・マッキー(絶版)

『ストーリー・ブランディング』 ジム・シグノレリ(月刊ビジネス選書)

これらの本で、繰り返し書かれている、ある法則がある。

「物語の法則(ヒーローズ・ジャーニー)」

第一幕 別離

  • 1.日常世界
  • 2.冒険への誘い(煽動する出来事)
  • 3.冒険の拒否
  • 4.賢者との出会い

第二幕A 試練への降下

  • 5.戸口の通過
  • 6.試練、仲間、敵
  • 7.最も危険な場所への接近

第二幕B イニシエーション

  • 8.最大の試練(中間地点、死、再生)
  • 9.報酬

第三幕 帰路

  • 10.帰路
  • 12.復活(クライマックス)
  • 13.宝を持っての帰還(大団円)

出典)『物語の法則』 クリストファー・ボグラー&デイビッド・マッケナ

物語の法則とは、簡単に言えばこうだ。ヒーローは、深刻な事態に陥り、冒険に出なくてはない。そうして、賢者に出会う。賢者に助けられ、ヒーローは戦い……。というような一連のストーリーのパターンのことだ。

世界中で記録的な大ヒットをした『スターウォーズ』は、『千の顔をもつ英雄』のジョーゼフ・キャンベルの神話の法則を参考にしたと言われている。

別にヒーローものでなくても、「主人公が何らかの問題に奮闘していく」という点では、他のジャンルも同じ。

本書『ストーリーブランド戦略』では、「物語の法則」は簡潔に7つのパートにまとめられている。「ストーリーブランド・ブランドスクリプト(フレームワーク)」だ。

「ストーリーブランド・フレームワーク」とは

本書『ストーリーブランド戦略』には、メリットがある。あなたの商品、サービス、ブランド、会社などのストーリーを簡単に作ることができるのだ。どうするのかというと……

物語の7つの要素に当てはめていく。

例えば、「主人公」はどんな目的を持っているのか。どんな「問題」があるのか。などをシート1枚に書き込んでいく。ありがたいことに、それほど難しくない。

なんで簡単かというと、そもそもストーリーはそれほど難しく考えることもないのだ。実は、幼稚園の子供でも使いこなしている。

「○○ちゃんがね、砂場に行こうとしたら、転んじゃったんだよ」

これだけでもストーリーなのだ。

「でもね、泣かなかったよ」

ブラボー。

何も「小説家や脚本家になれ」と言われているわけでなはい。芥川賞も直木賞も狙わなくていい。ただ、お客の心だけは掴まなければ。

『ストーリーブランド戦略』に書かれていること

商品について、何を、どうやって語ったらいいのか。本書『ストーリーブランド戦略』を読めば、わかる。

冒頭で『ハンガー・ゲーム』のことを書いた。本書でも、この映画を始め、『スターウォーズ』『スピード』『英国王のスピーチ』など数多くの例(サンプル)が登場する。もし、あなたが映画好きなら、興味を持たずにはいられないだろう。映画を見ていなくても、もちろん内容はわかる。楽しみながら、読み進められるだろう。

本書の構成はこうなっている。

  1. なぜ、物語なのか
  2. 物語の7つの要素の説明
  3. 「ストーリーブランド・フレームワーク」(7つの要素)のWEB、会社での実践方法(30ページ程)
  4. 「ストーリーブランド・フレームワーク」を使ったマーケティングの方法(30ページ程)

本書『ストーリーブランド戦略』を読めば、こうなる。

  1. 「ストーリーブランド・フレームワーク」(シート1枚)で、あなたの商品を、7つの物語の要素に書き出す。
  2. その1枚のシートをもとに、WEB、会社(社員共有)で実践することができる。
  3. その1枚のシートをもとに、「商品の良さがお客に伝わる」マーケティングができる。

いつもお客は苦笑いでスルー。それが、まるで映画を見るように、お客がどハマり。あなたの商品のよさが、お客に伝わり、売れる。

P.S. スマホが欲しいだけなのに

最後にちょっと、横道にそれるのを許してほしい。個人的な話だ。

私のスマートフォンは使い始めてから、もう少しで5年。SONYのXPERIA。壊れてはいないが、バッテリーが弱ってきたので、買い替えを検討している。できれば、次も国産のスマホがいい。日本製は防水機能がついているから。

それで、新しいスマホを調べていて気づいた。もうほとんど日本のメーカーはスマホを作っていない。事業から撤退している。国内企業は3社ほど。そのうち1社は中国企業に買収された。中国を筆頭に、東アジアの製品がスマホ売り場を席巻している。

ガラケーを作っていて、スマホ市場に乗り遅れた。いろいろ理由もあるだろう。しかしながら、それほど日本の製品は劣っているか? 何が足りなかったのか? 日本人は考えねばなるまい。

伝われば、売れる。
生き残れ。

この本をチェックする

※公式サイトによれば、夏季休業中でも、13日と16日に商品発送があるそうです。

【無料】要約 eBook プレゼント

ダイレクト出版の本 1冊1分でポイントがわかる 要約 eBook
無料 eBook はこちら
注文前に本の内容をチェック!

関連記事

  1. 『世界一ずる賢い価格戦略』

    『世界一ずる賢い価格戦略』 レビュー 評判 ダン・ケネディ/ジェイソン・マーズ

  2. 『ザ・ローンチ 世界一効率的に億万長者になる方法』

    『ザ・ローンチ 世界一効率的に億万長者になる方法』 レビュー 評判 (プロダクトローンチ) ジェフ・ウォーカー

  3. 『天才詐欺師のマーケティング心理技術』

    『天才詐欺師のマーケティング心理技術』 レビュー 評判 ダン・S・ケネディ/チップ・ケスラー

  4. 『団塊シニアマーケティング』

    『団塊シニアマーケティング』 レビュー 評判 ダン・ケネディ/チップ・ケスラー

  5. 『コンテンツ・マーケティング64の法則』

    『コンテンツ・マーケティング64の法則』 レビュー 評判 アン・ハンドリー

  6. 『市場独占マーケティング』

    『市場独占マーケティング』 レビュー 評判 ダニエル・プリーストリー

  1. 『大富豪の投資術 』

    【今なら無料】『大富豪の投資術 』 レビュー 評判 マーク・モーガ…

    2019.08.07

  2. 『太平洋戦争の大嘘』

    【8万部・550円】『太平洋戦争の大嘘』 藤井厳喜

    2019.08.06

  3. 『フォーカス・リーディング習得ハンドブック』

    【今なら無料】『フォーカス・リーディング 習得ハンドブック』寺田…

    2019.08.04

  4. 『クロージングの心理技術21』

    【今なら70%OFF!】『クロージングの心理技術21』 レビュー 評判 ド…

    2019.08.03

  5. 『ウェブセールスライティング習得ハンドブック』

    【今なら¥550】『ウェブセールスライティング習得ハンドブック』 …

    2019.07.31

  6. 『テッド・ニコラスのコンサルタント起業成功法則大全』

    【今なら無料】『テッド・ニコラスのコンサルタント起業成功法則大…

    2019.07.28

  7. 『あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法』

    【特価】『あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンライ…

    2019.07.27

  8. 『秘・資産形成術』

    【今なら無料】『秘・資産形成術』 レビュー 評判 マイケル・マスタ…

    2019.05.31

  1. 『現代広告の心理技術101』

    『現代広告の心理技術101』 口コミ レビュー 感想 評判 ドルー・エ…

    2019.08.02

  2. 『脳科学マーケティング 100の心理技術』

    『脳科学マーケティング 100の心理技術』 レビュー 評判 (ニューロ…

    2019.08.01

  3. 『ザ・ローンチ 世界一効率的に億万長者になる方法』

    『ザ・ローンチ 世界一効率的に億万長者になる方法』 レビュー 評判…

    2019.07.29

  4. 『秘・人脈活用術』

    『秘・人脈活用術』(マル秘・人脈活用術) レビュー 評判 ボブ・バ…

    2017.12.26

  5. 『天才詐欺師のマーケティング心理技術』

    『天才詐欺師のマーケティング心理技術』 レビュー 評判 ダン・S・…

    2017.12.25

ブログについて

このブログでは、ダイレクト出版の本をご紹介。ここから、あなたの “ビジネス成功の方法” を見つけてください。44冊の要約を収録した【無料】eBook(会員用)も人気。
 
注)URLが変更されました。directbook.biz (.bz) は以前のドメインです。

ブログ執筆者

いくつかのブログやネットショップの運営をしている。さまざまな会社を経験。社員10万人規模のメーカーから、東証一部上場のIT企業、のちにジャスダック上場のベンチャー、社員10人ほどの中小企業、フリーランス(個人事業主)まで。2009年に起業、会社設立。
 
毎日、数人がメルマガ登録。会員数2,500人。このブログとメルマガを通じて、月間数百人がダイレクト出版の本を手にしている。ブログの誕生秘話は『ザ・ローンチ』のレビューで。
 
⇒【New Blog】インターネットビジネス 成功の方法

期間限定キャンペーン