『ザ・ローンチ 世界一効率的に億万長者になる方法』 レビュー 評判 (プロダクトローンチ) ジェフ・ウォーカー

『ザ・ローンチ 世界一効率的に億万長者になる方法』

 

あなたは「プロダクトローンチ」
という言葉を耳にしたことはありますか?
 

プロダクトローンチというのは
インターネットを使って短期間で
爆発的に売上をあげるための販売手法です。

こう言うと「なんだか怪しい」と思う
かもしれませんが、実は既存の売り方に
「ある要素」を加えた方法に過ぎません。

もちろん、日本でも使われている
効果実証済みの非常に優れた方法です。
 

このプロダクトローンチを学ぶには
今まで開発者のジェフ・ウォーカー氏の
高額プログラムに参加するしかなかったのですが

今回はジェフが直々に本を書き下ろして
非常に安価にプロダクトローンチについて
学ぶことができるようになりました。

インターネット販売を考えているなら
まさに必携の書と言えます。
 

個人的にも大変オススメの本なので
是非、今すぐチェックしてほしい1冊です。

この本をチェックする
2018年上半期 ダイレクト出版のベストセラー

「どんな本? ざっくり教えて」

『ザ・ローンチ 世界一効率的に億万長者になる方法』

インターネットで短期間で売上をあげるマーケティング手法「プロダクトローンチ」。いわゆるネットのインフォプレナー(情報起業家)などに活用され、大きな売上を積み上げるのが特徴です。

注)実際にはあらゆる商品にこの手法は有効と言われます。

その「プロダクトローンチ」の手法をつくり上げたジェフ・ウォーカー自ら書き下ろした本。

「誰におすすめ?」

  • ネットビジネスをしている人
  • ネットを活用し商品を販売する人
  • 売る商品を持っていない人
  • 専門家でその専門知識を売りたい人
  • メールを書くのが好きな人

「ここがポイント!」

『ザ・ローンチ 世界一効率的に億万長者になる方法』

「プロダクトローンチ」その名前は聞いたことがあっても、「実際、どうやってやるの?」といった疑問を感じたことがある人におすすめ。

情報商材をよく見たり、買ったりしている人は、「なぜ、動画にコメントを求めるの?」「なんで、1日目、2日目……って何日もかけて動画を見せるの?」みたいな疑問を感じたことはないでしょうか? その答えは、すべて、この本で明かされます。

「それじゃあ、堅苦しいマーケティングの専門書なの?」いえいえ、とても読みやすいですよ。このジェフ・ウォーカー、やっぱり語り口がうまいのです。だからこそ、プロダクトローンチは有効なマーケティング手法なんですね。

実は、私も「プロダクトローンチ」が知りたくて、この本を注文。それが、ダイレクト出版との出会いでした。

それを話す前に、まずはこちらをご覧ください。

『ザ・ローンチ 世界一効率的に億万長者になる方法』

この本をチェックする

『ザ・ローンチ 世界一効率的に億万長者になる方法』 目次

CHAPTER0 飛躍のレシピ 企業を目指す人のための道しるべ

PART1 プロダクトローンチ・フォーミュラの基礎 インターネットでミリオネアになる秘密

CHAPTER1 運命のクリック 専業主夫がわずか7日で6ケタの売り上げを達成するまでの経緯
CHAPTER2 高収入の道 プロダクトローンチ・フォーミュラとは何か

PART2 プロダクトローンチ・フォーミュラの背景 オンラインで何でも売るための公式

CHAPTER3 リストがすべて 「お金を生む印刷機」Eメールリストの活用法
CHAPTER4 進化したセールスレター 「ごり押し」せずに売りまくるには
CHAPTER5 メンタルトリガー 絶大な影響力で私たちの行動を左右するもの

PART3 プロダクトローンチ・フォーミュラの構造 大好きなビジネスで起業して成功する

CHAPTER6 プリ・プリローンチ 下準備とプランニングによる威嚇射撃
CHAPTER7 魔法のプリローンチ 客の望みに的確に応えるには
CHAPTER8 いざ出発! プロダクトローンチ・フォーミュラの核心へ
CHAPTER9 ゼロからの出発 シードローンチTMでビジネスを立ち上げる方法
CHAPTER10 JVローンチ 1時間で100万ドルを可能にする秘密兵器
CHAPTER11 持続的に成長する 勝利の方程式「ビジネスローンチ・フォーミュラ」

PART4 進化するプロダクトローンチ・フォーミュラ 夢に生きる人生を切り開く

CHAPTER12 ビジネスの裏側 起業するなら、自分が楽しめるビジネスを
CHAPTER13 起業の心得 理想の暮らしを手に入れる分かれ目
CHAPTER14 本当のスタート 次はあなたの番だ

『ザ・ローンチ 世界一効率的に億万長者になる方法』 口コミ・評判

リンク先の本書の商品ページにて、この本を実際に買った方のカスタマーレビュー、感想を読むことができます。

ジェフ・ウォーカー 著者紹介

ジェフ・ウォーカーは、オンラインセールスをまさに一変させた人物だ。
その後は、起業家育成ならびにマーケティング指導を手がけ、世界トップの仲間入りを果たしている。

彼が「プロダクトローンチ・フォーミュラ」を世に広めるまでは、インターネット起業の世界で「プロダクトローンチ」を話題にする人間はなきに等しく、「1日で100万ドルを売り上げる」ことなど不可能だとされてきた。
しかし、現在は「プロダクトローンチ・フォーミュラ」後の世界であり、100万ドル(どころか数百万ドル)規模のローンチも日常茶飯事と化して、驚く人はもはやいないと言える。

ジェフが編み出した手法は、決して大物マーケターだけのものではない。
彼はこれまでに、数百種類ものニッチ業界におよぶ何千もの人々に指導を行ってきた。
そういった教え子らは、合計5億ドルを超える売り上げを叩き出している(その数字は日に日に大きくなる一方だ)。

ジェフは、コロラド州デュランゴの自宅で妻のメアリー、飼い犬ジェニーとともに、アウトドアスポーツ三昧の日々を送っている。
今でも、すでに独立した2人の子どもたちと一緒に激しいスポーツに興じているという(熱中しているのはスキーとマウンテンバイク)。

※目次、著者紹介は、ダイレクト出版から正式に提供された文章です。

この本をチェックする

『ザ・ローンチ 世界一効率的に億万長者になる方法』 レビュー

『ザ・ローンチ 世界一効率的に億万長者になる方法』イメージ

プロローグ

ひとつの出会いが、世界を変えてしまうことがある。

その夜、私はある情報を探していた。情報を探すとき、もっぱら私は、デルのデスクトップのパソコンに向かっている。検索サイトに打ち込んだキーワード、それは……

と、その前に、何故そのキーワードを入れることになるのか、その経緯から話さなければならないだろう。

私は勝ち馬に乗っているか?

私は、とあるネットショップを運営している。もう始めてから数年がたつ。商品は中小企業の商品だ。ありがたいことに、ショップは数店舗となり、国内のいくつかの主要ショッピングモールに出店している。

商品を卸してくださっているメーカーさんは、自社や今までのネットの小売り店よりも、うちのストアの販売実績がよいとのことで、感謝の言葉をいただくこともある。

ある程度は売ることができるし、その自信もある。でも、どうしてもそれ以上売り上げを伸ばすことができない。壁にぶち当たってしまうのだ。

『ポジショニング戦略』(アル・ライズ、ジャック・トラウト著)という本に「勝ち馬に乗る」という戦略がある。また、『60分間・企業ダントツ化プロジェクト』(神田昌典著)という本では「上りのエスタレーターに乗る」という戦略が言われている。どちらも、上り調子の会社と関係したり市場に参入すれば、自社もそれに伴って伸びていくという理論だ。

ネットのインフラは整った。誰しも、いつでも、どこでも、ネットにアクセスする。誰しも、ネットで買い物をする。その中で、主要なマーケットに出店し、あらゆる広告を試し、メルマガを出し、キャンペーン、ポイント付与、さまざまな施策をする。

でも、それをやった後、それ以上に売り上げを伸ばすには、一体どうすればいいんだろう?

私は本当に「勝ち馬」に乗ったのだろうか?

私は本当に「上りのエスカレーター」に乗っているのだろうか?

その若者たちは、得意気だった

そんなことに思いを巡らしていたある日、私は何気なくYouTube動画を見ていた。ある動画に映っている若者たちは、六本木のクラブだろうか、シャンパンを明け、女性を連れて気勢をあげている。「自分たちの他に誰が600万も稼げる!」おそらく彼は短期間でそれだけの収入を得たのだろう。

「ネオヒルズ族」

そう彼らは呼ばれていた。

興味を惹かれた。別に派手な夜遊びがしたいわけではない。いや、したいのか? 何よりも、どうすればそんなに稼げるのかが知りたかった。

いろいろ調べた。今まで馴染みのなかった情報商材、インフォプレナー(情報起業家)のサイトも見た。動画も再生した。メルマガも登録してみた。「コピーライティング」「DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)」……いろいろ言われている。でも、おそらくこれだ。

その夜、私がデルのデスクトップに入れた検索ワード、それは……

「 プロダクトローンチ 」

『ザ・ローンチ』

『ザ・ローンチ 世界一効率的に億万長者になる方法』

かくして、ダイレクト出版から、この本が届くことになる。

『ザ・ローンチ』 ジェフ・ウォーカー

表紙のカバーでは、スーツ姿の男がネクタイをはためかせ、ジェット噴射で空を飛んでいる。顔にガラス製のドームまで被らせている念の入れようだ。

ページを開くと、「運命のクリック」と題されたこんなシーンから始まる。ジェフが、このプロダクトローンチの手法をはじめて試すまさにその時、なかなかそれをスタートさせる「クリック」ができないという場面だ。

ジェフも書いている通り、私もあなたも1日に何百回、何千回もクリックするだろう。でも特別な思いのこもったクリックというのがある。私も「注文こい!」と気合いを入れて、メールソフトの送受信ボタンを押すことがある。いや本当は、しょっちゅう「カチカチ、カチカチ」しつこく押しているのだが。

ジェフは専業主夫だ。ジェフの妻、メアリーが働いて家計をささえている。二人の幼い子供がいるそうだ。なぜ、ジェフがプロダクトローンチをはじめるクリックに躊躇(ちゅうちょ)しているのか。この本にはこんな場面がでてくる。

その瞬間は、今でも私の記憶に深く刻みつけられている。妻は、平日の勤務時間中にいきなり帰宅し、私の目の前に立って泣きじゃくっていた。家族を養わねばならないというプレッシャーに押しつぶされんばかりだったのだ。

妻の戦線離脱。専業主夫のジェフは、もうのんびりとやってられない。自分のビジネスで家族を守らなければと、奮起する。

詳しくは、この本を読んでほしい。短いエピソードだが、少なからず心を打たれると思う。個人でビジネスをやっているのなら、特に。

プロダクトローンチとは

さあ、そろそろ、プロダクトローンチを説明しなくてはならないだろう。

プロダクトローンチとは、あの長いセールスレターを分断し、その一つ一つを日数をかけて送っていくマーケティング手法だ。日数をかけて段階的に見込み客との関係――信頼といってもいい――を築き、最後にセールスをする。数回にわたるメールは、いわゆる「ステップメール」と呼ばれるものだが、ジェフは「サイドウェイズレター」と名付けているようだ。

このシーケンス(連続性、順番)、ストーリートリガーの3つの要素がプロダクトローンチの核となる。

ストーリーは、商品やサービスをストーリーとして語ること。物語をつくれというわけではなく、その商品がどのようにお客さんのためになるかをストーリー性をもって語るということである。

トリガーは、メンタルトリガー(心理トリガー)のことで、「権威性」「好意」など9つのトリガーがまとめられている。いわゆる「影響力」としてコピーライティングなどでも使われるものだが、プロダクトローンチにふさわしいトリガーもあるので、いい参考になると思う。

本書では、さらに詳しい段取り、ローンチの種類、それぞれの手法も解説されている。

このプロダクトローンチ、一番のポイントは、セールスレターのように「買ってくれと一方的に売り込みをかける」というのではなく、お客さんと「カンバセーション(会話)」するというところだ。「メールでどうやって会話するの?」というその疑問をもって、本書をぜひ読んでほしい。

さて、私は、この本『ザ・ローンチ』を読んで、さっそくやってみた。

まだ、あなたは興味をもってここまで読んでくれているだろうか?

私のローンチ

どうもありがとう。 それでは「私のローンチ」の話をしよう。今度は、私がジェット噴射で飛ぶ番だ。

ちなみに「ローンチ(launch)」とは、 打ち上げ、スタート、公開などの意味だ。

1発目

この本を読んで、メールの重要性にあらためて気づかされた私は、すぐにメルマガ配信スタンドの契約をした。メルマガ自体はショッピングモールなどでも配信していたので、ほとんど苦もなく配信はできそうだ。開封率やクリック率などのデータもとれる。

続いてまとまった数のメールを書くのはちょっと大変そうだったので、とりあえず、既存のブログ記事をステップメールにしてメルマガを作ってみた。基本的に記事のコピペだ。

そしてメールアドレスを登録してもらうランディングページ(LP)を作り、サイトで登録を促してみた。1日1人程度が登録してくれ、メルマガの仕組みも問題なく動く。なかなかよさそうだ。

でも、これはアフィリエイトなどのリンクは張ってあるものの、マネタイズ(収益化)はあまり見込めない。ただ、内容の濃いメッセージやあたたかいコメントが集まり、深い関係性が築けることは実感できた。

2発目

そこで、今度は自分のネットショップの商材をローンチしてみた。しかし、これがなかなか難しい。ローンチは、まず見込み客を集めて、そこに対してメールを送らなければいけない。つまり、オプト(メールアドレスを送っていいという承諾)をとるために必要な無料の商品やサービスを提供できないとうまくいかないのだ。

この本にはどんな商材でもできると書いてある。物販の場合、普通はサンプルなどだが、うちはメーカーではなくショップなので、それは難しい。だとすると無料レポートや商品カタログとなるが、これがなかなか商材のターゲットに対して魅力的なものを提供するのが難しかった。

つまり、商品カタログ(フロントエンド)と商品自体(バックエンド)の関連性や見込み客のニーズなどの様々な要素がうまく機能しないとプロダクトローンチは成功しない。当たり前だが、単にローンチの型にはめ込んでもうまくいかないのだ。 言うまでもなく、これは失敗だ。

3発目

ということで、今度は、何か作りやすいものはないかと考えたのが、このサイトだ。

このサイトではメルマガ登録をしてくれた人に「要約 eBook」を無料でプレゼントしている。ダイレクト出版の本がほしい人に「要約」は魅力的だろうし、それを読んで興味を持てば本を注文してくれる。そして、これはアフィリエイトで収益化できる。

「プロダクトローンチ」と呼ぶにはささやかすぎるかもしれないが、ダイレクト出版のキャンペーン時には段階的に案内を送るようにもしている。メルマガの会員さんも本を安く買えるし、喜んでもらえていると思う。

最近では、ひと月の本の紹介が数百件までになっている。(当ブログ経由の注文数)ささやかでありながらも、このサイトはまずは成功と言っていいのではないだろうか。

エピローグ

この『ザ・ローンチ』がなければ、私はダイレクト出版を知らないままだったかもしれない。ということは、このサイトもない。そうすると、この文章をあなたが読むこともなかったろう。

そもそも、ジェフがこの本を書かなければ、妻のメアリーが泣きくずれなければ……

そう考えると、この世界は不思議だ。

私は、近々またひとつのサイトを作ろうと思っている。ドメインは取得済みだ。どんな「ローンチ」になるのか、今、ワクワクしている。

この本をチェックする
2018年上半期 ダイレクト出版のベストセラー

【無料】要約 eBook プレゼント

ダイレクト出版の本 1冊1分でポイントがわかる 要約 eBook
無料 eBook はこちら
注文前に本の内容をチェック!

関連記事

  1. 『団塊シニアマーケティング』

    『団塊シニアマーケティング』 レビュー 評判 ダン・ケネディ/チップ・ケスラー

  2. 『天才詐欺師のマーケティング心理技術』

    『天才詐欺師のマーケティング心理技術』 レビュー 評判 ダン・S・ケネディ/チップ・ケスラー

  3. 『脳科学マーケティング 100の心理技術』

    『脳科学マーケティング 100の心理技術』 レビュー 評判 (ニューロマーケティング) ロジャー・ドゥーリー

  4. 『世界一ずる賢い価格戦略』

    『世界一ずる賢い価格戦略』 レビュー 評判 ダン・ケネディ/ジェイソン・マーズ

  5. 『お客が集まるオンライン・コンテンツの作り方』

    『お客が集まるオンライン・コンテンツの作り方』 レビュー 評判 アン・ハンドリー/C・C・チャップマン

  6. 『リスト・ビジネスの教科書』

    『リスト・ビジネスの教科書』 レビュー 評判 メアリエレン・トリビー


【100円】11/30(金)までキャンペーン!

  1. 『大富豪の投資術 』

    【11/17まで・無料】『大富豪の投資術 』 レビュー 評判 マーク・モ…

    2018.11.01

  2. 『テッド・ニコラスのコンサルタント起業成功法則大全』

    【今なら無料】『テッド・ニコラスのコンサルタント起業成功法則大…

    2018.10.28

  3. 『ウェブセールスライティング習得ハンドブック』

    【特価】『ウェブセールスライティング習得ハンドブック』 レビュー…

    2018.03.01

  4. 『あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法』

    【特価】『あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンライ…

    2017.12.21

  1. 『ザ・ローンチ 世界一効率的に億万長者になる方法』

    『ザ・ローンチ 世界一効率的に億万長者になる方法』 レビュー 評判…

    2017.12.29

  2. 『現代広告の心理技術101』

    『現代広告の心理技術101』 口コミ レビュー 感想 評判 ドルー・エ…

    2017.12.28

  3. 『脳科学マーケティング 100の心理技術』

    『脳科学マーケティング 100の心理技術』 レビュー 評判 (ニューロ…

    2017.12.27

  4. 『秘・人脈活用術』

    『秘・人脈活用術』(マル秘・人脈活用術) レビュー 評判 ボブ・バ…

    2017.12.26

  5. 『天才詐欺師のマーケティング心理技術』

    『天才詐欺師のマーケティング心理技術』 レビュー 評判 ダン・S・…

    2017.12.25

ブログについて

このブログでは、ダイレクト出版の本をご紹介。ここから、あなたの “ビジネス成功の方法” を見つけてください。34冊の要約を収録した【無料】eBook も人気。
 
注)URLが変更されました。directbook.biz (.bz) は以前のドメインです。

ブログ執筆者

いくつかのブログやネットショップの運営をしている。さまざまな会社を経験。社員10万人規模のメーカーから、東証一部上場のIT企業、のちにジャスダック上場のベンチャー、社員10人ほどの中小企業、フリーランス(個人事業主)まで。2009年に起業、会社設立。
 
毎日、数人がメルマガ登録。会員数2200人。このブログとメルマガを通じて、月間数百人がダイレクト出版の本を手にしている。ブログの誕生秘話は『ザ・ローンチ』のレビューで。

期間限定キャンペーン