『市場独占マーケティング』 レビュー 評判 ダニエル・プリーストリー

『市場独占マーケティング』

 

一生困らない収入を得るためには
どれくらいの顧客リスト数があればいいのでしょうか?
 

例えば……

とある世界的マーケティングの権威は
自分自身の専門知識を売り物にする場合

2000~3000リストあれば
年間1億円を稼げると言っています。

また別のマーケティングの専門家は
粗利が5割程度ビジネスの場合

「有効リスト」が4000あれば
年間1億2000万円を稼げると言っています。

もっと極端な例で言うと……
(とあるジムのトレーナーの話ですが)

たった「8リスト」だけで年間
7000万円以上の収入を得ている人もいます。
 

どうすればこんなに少ないリストで
こんなお金を安定して得られるのでしょうか?

全米屈指の「影響力」のエキスパートが明かす……

一生顧客に困らない、リスト・コントロールの技術とは?

この本をチェックする

「お客さんはいつもキャンセル待ち!
 行列のできる人気ビジネスの作り方」

『市場独占マーケティング』 目次

はじめに 行列を作るレストランの秘密

第1部 売り手市場になるための基本

原則1 価格は需要と供給で決まる
―「売り手市場になる」とは、どういうことか?

原則2 市場から独立せよ
―「魅力的なファンを集めてあなたの市場を作ろう

原則3 市場の均衡を破る4つの要素
―イノベーション、人間関係、利便性、価格

原則4 購買行動が買い手を作る
-群れが動くのは群れが動いた時である

原則5 他人と違って構わない
―あなたの信者に向けて発信する

原則6 価値はエコシステムの中で生まれる
―混沌を秩序に変え、華麗に操ろう

原則7 「飛び抜けていること」に勝るものなし
―一番に名前があがるブランド作り

第2部 キャンペーン主導型メソッド 原則を戦略へ落とし込む

原則から戦略へ

キャンペーン主導型企業のメソッド

フェーズ1 キャンペーンの計画を立てる
―キャパシティー、ターゲット顧客、提供のタイミングを知る

フェーズ2 万全の下準備
―売り手市場になるための土台を築く

フェーズ3 キャパシティーの解放
―盛り上がりをコントロールするには

フェーズ4 飛び抜けるために
―あらゆるタッチポイントを見直そう

フェーズ5 ストーリー、数、インサイト
―キャンペーン成功を祝福し、もっといい提供方法を探す

第3部 クレイジーな時代、チーム作り、そしてあなた

パドリングの時代

全力で変化の大波に乗る

シフト1 3つのゲーム
―負け戦ゲーム、人生満喫ゲーム、成績追求ゲーム

シフト2 キャンペーン主導型チーム作り
―全員で、飛び抜けたビジネスへ改善し、売り手市場を作り出す

特別なアイデア-最後までカットするか悩んだ秘密の一手

『市場独占マーケティング』 口コミ・評判

リンク先の本書の商品ページにて、この本を実際に買った方のカスタマーレビュー、感想を読むことができます。

ダニエル・プリーストリー 著者紹介

ダニエル・プリーストリーは、ベストセラー作家にして、受賞歴を持つ起業家。

2002年、オーストラリアで、22歳にして自身最初の会社を創設。ビジネスパートナーの協力も得て、25歳を迎える前に、その会社を数百万ドル規模のビジネスへ成長させた。

2006年にはオーストラリアを離れ、ロンドンで新たな事業に挑戦。スーツケース1つ、クレジットカード1枚でイギリスに降り立つと、新たなベンチャーを立ち上げ、2年とたたずに1000万ドル規模のビジネスへ成長させた。

その過程で業界の第一人者となり、さらに、世界トップクラスの起業家、リーダーから個人的に指導を仰ぐ機会を得た。起業家としてのキャリアで、ダニエルは、ビジネスの立ち上げ、構築、買収、資金提供、売却などを経験している。そして現在は、ビジネスと起業の分野で、世界トップレベルのプロ講演家との評価を得ている。

ダニエルは、商品を売り手市場にする手腕で知られている。巨大な劇場のチケットを売り切り、国際的な規模のキャンペーンを展開し、商品を改良して、売り上げを劇的に伸ばしてきた。また、グロースキャピタルも手がけており、設立間もない企業に数百万ドルを投資している。

現在のダニエルは、長年の友人にしてビジネスパートナーとともに、世界中で起業とリーダーシップに関する講座を開講している。チャリティー活動にも積極的で、また複数のリーダーシップ・チームと仕事をしている。

ダニエルはこの本のほかに、『Entrepreneur Revolution(仮邦題:起業家革命)』『Key Person of Influence(仮邦題:影響力のあるキーパーソン)』と、2つの作品を発表している。

※目次、著者紹介は、ダイレクト出版から正式に提供された文章です。

この本をチェックする

『市場独占マーケティング』 レビュー

『市場独占マーケティング』イメージPhoto credit: LeWeb14 via VisualHunt.com / CC BY

これは、『市場独占マーケティング』ではない。

この本のタイトルを、そのまま読めば、このように思わないだろうか?

すでにある「市場」を「独占」する「マーケティング」。

これは、ちょっと違う。どちらかと言えば、こう。

「独占市場マーケティング」

「独占」できる「市場」を作る「マーケティング」。

この本は、「売り手市場」の作り方を説明した本だ。なお、「独占市場」という言葉は、「競争相手がいない市場」を意味する。

原題は、どうなっているのだろう?

「OVERSUBSCRIBED: HOW TO GET PEOPLE LINING UP TO BUSINESS WITH YOU」

ちょっと意訳になるが……

「申し込み殺到:あなたと一緒にビジネスしたいと行列するお客さんを集める方法」

「OVER」は「超える」。「SUBSCRIBED」は、YouTube動画なんかでも見るが「登録された」「申し込みされた」だ。つまり、「在庫以上に申し込みされた」ということ。完売。

これは、本書の中にある「セミナーのチケットを短時間で売り切れにさせた」事例などのことだろう。(Facebookを使ったこの手法は必見)簡単に言えば「キャンペーン」だ。

もちろん「キャンペーン」をただやっただけでは、売れない。そもそも買ってくれるお客さんを「たくさん」集めておかなければ。

本書には、お客さんがたくさん集まる「売り手市場」のビジネスの作り方が載っている。ただ、原題には「キャンペーン」で売るというニュアンスが含まれているようだ。

そして、もう一点。

これは、「マーケティング」ではないのだ。

著者のダニエル・プリーストリーは、こう言っている。

売り手市場になることは、私にとってはマーケティング活動を意味しない。できるだけ多くの人にインパクトを与え、何か特別なものを作り出すことに、全力を投じる行為だ。

著者の主張としては、「マーケティング」より「イノベーション」の方が近いかもしれない。ただ、本書では、別のところで「イノベーション」という言葉が使われているので、使いにくいが。

なお、ダイレクト出版のタイトルを副題まで含めて書いておくと……

『1日で3ヶ月分の顧客を集める 市場独占マーケティング
 一生お客に困らない「超売り手市場」を作る7つの原則』

うむ。かっこいいタイトルだ。

しかし、ひょっとして、こんなベタなタイトルの方が、本の内容は伝わるかもしれない。主に小規模ビジネス向けの、ヘタなネーミングではあるが。

「お客さんはいつもキャンセル待ち! 行列のできる人気ビジネスの作り方」

注)検索ワードを意識するなら「キャンペーン」「マーケティング」を入れたい。「キャンペーンで予約完売! 行列をつくるマーケティング」とか。著者のこだわりもわかるが、本の分類としては「マーケティング」だろう。

あなたのビジネスをブランド化。常にお客さんはあなたの商品を「まだか、まだか」と待ち焦がれている。そして、少しずつ売るのではなく、キャンペーンで一気に売る。本書を読めば、そんな方法がわかる。

ひとつ付け加えると、売り手市場とは、欲しいのに買えないお客さんがいるということだ。

この本にある、こんな箇所は特に参考になった。

  • 『「有名」になるために、絶対に必要なもの』
  • 「買い手の数を売り手より増やす仕掛け」

企業はもとより、パーソナル・ブランディングや自分の専門性でビジネスをしている方などにもオススメだ。

そういえば、著者はこのようなことを言っている。

ファンが 5000~1万人もいれば、売り手市場のビジネスは作れる

閑古鳥 FLY AWAY!
あなたのビジネスに
お客さんを行列させるなら

この本をチェックする

 

P.S. あなたのビジネスを人気にする3冊

本書のテーマは、ダイレクト出版の本では、この3冊と共通する部分がある。

『億万長者の不況に強いセールス戦略』 ダン・ケネディ

『説得の心理技術』 デイブ・ラクハニ

『ザ・ローンチ』 ジェフ・ウォーカー

共通する点は、上から順に……

  • 価値を高めて売る方法
  • 信者客に売る方法
  • 短期間で爆発的に売る方法

すべて、自分をお客さんにとって特別な存在にする『ポジショニング戦略』と言っていいだろう。

『市場独占マーケティング』に、こんな言葉がある。

あなたの仕事は、全員を喜ばせることではない。
あなたなしでは生きられない人を見つけることだ。

刺さった。

この本をチェックする

【無料】要約 eBook プレゼント

ダイレクト出版の本 1冊1分でポイントがわかる 要約 eBook
無料 eBook はこちら
注文前に本の内容をチェック!

関連記事

  1. 『脳科学マーケティング 100の心理技術』

    『脳科学マーケティング 100の心理技術』 レビュー 評判 (ニューロマーケティング) ロジャー・ドゥーリー

  2. 『お客が集まるオンライン・コンテンツの作り方』

    『お客が集まるオンライン・コンテンツの作り方』 レビュー 評判 アン・ハンドリー/C・C・チャップマン

  3. 『売上が伸びないときに読む本』

    【今なら無料】『売上が伸びないときに読む本』 レビュー 評判 シェーン・アッチソン/ジェイソン・バービー

  4. 『ザ・ローンチ 世界一効率的に億万長者になる方法』

    『ザ・ローンチ 世界一効率的に億万長者になる方法』 レビュー 評判 (プロダクトローンチ) ジェフ・ウォーカー

  5. 『団塊シニアマーケティング』

    『団塊シニアマーケティング』 レビュー 評判 ダン・ケネディ/チップ・ケスラー

  6. 『世界一ずる賢い価格戦略』

    『世界一ずる賢い価格戦略』 レビュー 評判 ダン・ケネディ/ジェイソン・マーズ


【100円】11/30(金)までキャンペーン!

  1. 『大富豪の投資術 』

    【11/17まで・無料】『大富豪の投資術 』 レビュー 評判 マーク・モ…

    2018.11.01

  2. 『テッド・ニコラスのコンサルタント起業成功法則大全』

    【今なら無料】『テッド・ニコラスのコンサルタント起業成功法則大…

    2018.10.28

  3. 『ウェブセールスライティング習得ハンドブック』

    【特価】『ウェブセールスライティング習得ハンドブック』 レビュー…

    2018.03.01

  4. 『あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法』

    【特価】『あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンライ…

    2017.12.21

  1. 『ザ・ローンチ 世界一効率的に億万長者になる方法』

    『ザ・ローンチ 世界一効率的に億万長者になる方法』 レビュー 評判…

    2017.12.29

  2. 『現代広告の心理技術101』

    『現代広告の心理技術101』 口コミ レビュー 感想 評判 ドルー・エ…

    2017.12.28

  3. 『脳科学マーケティング 100の心理技術』

    『脳科学マーケティング 100の心理技術』 レビュー 評判 (ニューロ…

    2017.12.27

  4. 『秘・人脈活用術』

    『秘・人脈活用術』(マル秘・人脈活用術) レビュー 評判 ボブ・バ…

    2017.12.26

  5. 『天才詐欺師のマーケティング心理技術』

    『天才詐欺師のマーケティング心理技術』 レビュー 評判 ダン・S・…

    2017.12.25

ブログについて

このブログでは、ダイレクト出版の本をご紹介。ここから、あなたの “ビジネス成功の方法” を見つけてください。34冊の要約を収録した【無料】eBook も人気。
 
注)URLが変更されました。directbook.biz (.bz) は以前のドメインです。

ブログ執筆者

いくつかのブログやネットショップの運営をしている。さまざまな会社を経験。社員10万人規模のメーカーから、東証一部上場のIT企業、のちにジャスダック上場のベンチャー、社員10人ほどの中小企業、フリーランス(個人事業主)まで。2009年に起業、会社設立。
 
毎日、数人がメルマガ登録。会員数2200人。このブログとメルマガを通じて、月間数百人がダイレクト出版の本を手にしている。ブログの誕生秘話は『ザ・ローンチ』のレビューで。

期間限定キャンペーン