【今なら・無料】『フォーカス・リーディング 習得ハンドブック』寺田昌嗣

『フォーカス・リーディング習得ハンドブック』

もし、1冊10分で
本を読めるようになったら……

あなたのビジネス・人生は
どう変わるでしょう?

想像してください……

読みたい本を
全て読破した
自分の姿を……

1冊10分のスピードを
手に入れる一流の読書法
をこちらからご覧ください。

この本をチェックする
期間限定 キャンペーン中! 今なら無料!

「どんな本? ざっくり教えて」

『フォーカス・リーディング 習得ハンドブック』

毎日忙しく、本を読む時間なんてない。読んだ本を活かせていない。「フォーカス・リーディング」という速読法をマスターすれば、短い時間で、目的に「フォーカス」した読書ができるようになる。ビジネスの成功を目指すあなたにオススメの『フォーカス・リーディング習得ハンドブック』。

「誰におすすめ?」

  • 読書の時間が取れない方
  • 時間をかけて読書をしても、それがイマイチ活かせない方
  • 読書によって情報を集め、ビジネスで成功したい方

「ここがポイント!」

『フォーカス・リーディング 習得ハンドブック』

この本一冊で、あなたの目的に「フォーカス」した速読法「フォーカス・リーディング」が実践できる。理論、鍛錬、実践の三部構成。いつも手元に置いておける、小さいサイズの「習得ハンドブック」。

『フォーカス・リーディング 習得ハンドブック』

1冊10分のスピードを手に入れる。

『フォーカス・リーディング 習得ハンドブック』 目次

はじめに

講座をはじめるにあたって

理論編
第 一 講
あなたがはまりがちな “ 読書のワナ ”

1. 「要領のいい読書」と「勘違い系の読書」とは?
2. 本を読むと思考力が衰える?
3. わかったつもりが成長のジャマをする
4. たくさん読むから悪くなる
5. オススメ本に安易に手を出すな!
6. 「がんばって読もう」と思うと本は頭に入らない

理論編
第 二 講
読書に何を求めるのかをはっきりさせる

1. 読書の目的を明確にする
2. リターンを最大化する読み方を考える
3. リターンは二系統を意識しよう
4. TPOを踏まえた読書を目指せ!

鍛錬編
第 一 講
速読は体育会系のノリで身につける

1. 反復練習なしに速読術は身につかない
2. 眼と鎮まりとフォーカスをコントロールする
3. 達人へと至る三つのステージ
4. 体育会系メソッド五つの原則

鍛錬編
第 二 講
「体」を極める

1. 本は立って読め、さもなくば正座だ!
2. 呼吸を感じ続ける
3. 眼は前に、心は後ろに
・一点集中トレーニング
4. 「見る」を極める
・[レベル1]集中力スムーズ移動トレーニング
・[レベル2]集中追跡トレーニング
5. フォーカスを変えよう
・[レベル3]スムーズ追跡トレーニング
・[レベル4]スムーズ追跡トレーニング・第一段階
・[レベル4]スムーズ追跡トレーニング・第二段階
・[レベル4]スムーズ追跡トレーニング・第三段階
6. 「読めた」⇔「読めなかった」の間をつかむ
・視野と入力レベルのコントロール
7. 文字はやわらかく包みこめ
・入力レベル調節トレーニング

鍛錬編
第 三 講
「技」を極める

1. 理解度をシフトしよう
2. トップダウンでつなごう
・先行オーガナイザーの実験
3. 擬似的な速読で感覚を磨こう
・擬似的速読トレーニング
4. スキミングとスキャニングを駆使しよう
・スキミング・トレーニング
・スキャニング・トレーニング

鍛錬編
第 四 講
「心」を極める

1. 「速さ」の価値を高めよう
2. 二つの△を書いてみよう
3. TPOで攻略しよう
4. アンテナと受け皿を育てよう
5. 「一冊一〇分」を完成させよう

実践編
最終講義
フォーカスの力を最大限引き出す読書術

1. 戦略的に “ 積ん読 ” しよう
2. 「その先」を見極めよう
3. 重ね読みで「体」を磨こう
4. 無駄なメモは取るな、線と付箋で十分だ
5. 名文の筆写で言葉を磨こう
6. 耳からの読書で言葉をインストールしよう
7. 成長志向で読書を楽しもう

おわりに

参考文献リスト
[巻末付録]フォーカス・リーディング補助教材

『フォーカス・リーディング 習得ハンドブック』

『フォーカス・リーディング習得ハンドブック』 口コミ・評判

リンク先の本書の商品ページにて、この本を実際に買った方のカスタマーレビュー、感想を読むことができます。

著者紹介 寺田昌嗣

株式会社J-エデュケーション代表。名古屋大学(法学部)卒。元福岡県立高校公民科教諭。高校時代に「1冊を1分」をうたう速読に挫折。7年かけて独自メソッドの速読術を完成。2001 年に教職を辞して独立し、その指導と普及に当たる。

学習のための読書に最適化された実用性と 98% という習得率の高さから、大学の授業や企業の社員研修として採用され、主催する講座は多数のビジネス書ベストセラー作家がクチコミで門を叩く人気ぶり。

現在、速読技術と独自に開発した高速学習メソッドとを体系化した「アカデミックな読書法」の完成を目指して、九州大学大学院(教育学)博士後期課程に在籍し、「読書教育」と「学習戦略」の研究に取り組んでいる。

※目次、著者紹介は、ダイレクト出版から正式に提供された文章です。

『フォーカス・リーディング 習得ハンドブック』

この本をチェックする
期間限定 キャンペーン中! 今なら無料!

『フォーカス・リーディング習得ハンドブック』 レビュー・感想

『フォーカス・リーディング習得ハンドブック』

絶滅危惧の職種

近い将来、多くの職業が消える。

最近、興味深い本を読んだ。

『絶滅危惧職種図鑑』 七里信一

著者は、この本で、65に渡る職種が絶滅すると具体的に指摘している。例えば……

  • 大工
  • 専業主婦
  • 不動産仲介業者
  • 税理士
  • プログラマー
  • ユーチューバー
  • 新聞配達員
  • 公務員
  • 詐欺師

ちょっと意外な職種もあるだろうか。「AI(人工知能)が、多くの職業を人から奪う」というイメージが強いかもしれないが、それだけではない。インターネットなど、幅広いテクノロジーの進化、生活の変化などの理由もある。

これから、私たちは、どう生きればいいのか。

売上が、通常時の30%落ちると廃業の危機が迫ると、この本にある。多くの人が「この先数十年、自分の職種や仕事は安泰だ」なんて言えないだろう。

不安? 将来について漠然とした不安を抱くのは無理もない。

でも、大事なのは、自分がどうあるかだ。どんな職業についているか、どんな会社にいるのか、どんな肩書きなのか。それに依存していては、もしそれがダメになったら、絶望しかない。

「変化を受け入れる」

まず、この心構えがあれば、なんとかなるだろう。そして、私が日々実感しているのはこれだ。

「世の中には、頭のいい人が、たくさんいる」

もう、言わんとすることは、わかるだろう。これからの社会を、私たちが、生き抜いていくには、情報を活用していくことだ。

本を読め。

4つの読書レベル

「本を読む」と一口に言っても、読書のレベルは4段階あるのをご存知だろうか。この名著で、説明されている。

『本を読む本』 M・J・アドラー C・V・ドーレン

<4つの読書レベル>
  1. 初級読書:その文は何を述べているか/子供の読書レベル
  2. 点検読書:一定の時間内に系統立てて拾い読みする技術
  3. 分析読書:徹底的に読みこむ/問いかけながらの積極的な読書
  4. シントピカル読書:比較読書法/一つの主題について何冊も読む

1から4へ向かって、難易度が上がる。「一冊一通り最後まで読んだけど、イマイチ何が重要だったのか、ピンとこない」のように感じる場合、深い読みができていない可能性がある。心当たりがあるだろうか。

ただ漫然と本を読んでしまうのは、よくない習慣だ。それに「本を読むのに時間ばかりかかって、時間がもったいない」と感じ、「読書を避けるようになってしまう」のも問題だ。

読書は「漫然と」ではいけない。読書は「目的」に「フォーカス」しなければいけない。

フォーカス・リーディング

お待たせした。

『フォーカス・リーディング習得ハンドブック』は、速読法の本だ。本書の構成はこうなっている。

  1. 理論編(読書のワナと読書の目的)
  2. 鍛錬編(心・技・体)
  3. 実践編(どのように読書していけばいいか)

これ一冊で「フォーカス・リーディング」が「習得」できるようになっている。本を読む姿勢、目の動かし方といった具体的なやり方もわかる。トレーニングのための付録も収録。

「速読」というと、こんな速読法も、以前話題になった。

『あなたもいままでの10倍速く本が読める』 ポール・R・シーリィ 神田昌典監訳

本をパラパラとめくり、「写真」のように写し撮っていく、潜在意識を活用した速読法(フォトリーディング)。通常の読み方と、まったく異なるので、難易度は高いだろう。

(フォトリーディングではなく)「フォーカス・リーディング」は、目的に沿って、きちんと理解しながら、読んでいくもの。スポーツのように、基本動作を練習し、速読法をマスターするイメージだ。

ちなみに、本書では従来の「マジカル」で「非科学的」な速読法は否定されている。

「目的を持って読書する」という理念に共感できるなら、しっくりくる内容だ。もし「速読」ということにあまり興味がなくても、「読書」の有用性を感じているなら、参考になるところも多い。

  • 「本を読むと思考力が衰える?」
  • 「何のために本を読むのか」
  • 「読書のアウトプットにも費用対効果の発想を持ち込む」

本書のこういった箇所も、読み応えがある。

とにかく、短時間で、効率よく、成果のある読書をしたい。そうあなたが感じているのなら、この本はおすすめだ。

これからの社会で、情報を活用し、結果を出すことは、必須のスキルである。本を読んでいくことで、あなたは、まわりから一歩も二歩も抜きん出た存在になる。

この先「無駄な読書」をしないために。

この本をチェックする
期間限定 キャンペーン中! 今なら無料!

注)本は無料ですが、販売元からダイレクトメールが届く場合があります。

※公式サイトによれば、夏季休業中でも、13日と16日に商品発送があるそうです。

【無料】要約 eBook プレゼント

ダイレクト出版の本 1冊1分でポイントがわかる 要約 eBook
無料 eBook はこちら
注文前に本の内容をチェック!

関連記事

  1. 『インターネットビジネスマニフェスト』

    『インターネットビジネスマニフェスト』 完全版 レビュー 評判 リッチ・シェフレン

  2. 『達成する人の法則 仕事と思うな、人生と思え』

    『達成する人の法則 仕事と思うな、人生と思え』 レビュー 評判 原田隆史

  3. 『あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法』

    【特価】『あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法』 レビュー 評判 エべン・ペーガン

  4. 『ウェブセールスライティング習得ハンドブック』

    【今なら¥550】『ウェブセールスライティング習得ハンドブック』 レビュー 評判 寺本隆裕

  5. 『なぜ私たちは3ヵ月で英語が話せるようになったのか』

    【終了・DVD付】「EQ英会話」『なぜ私たちは3ヵ月で英語が話せるようになったのか』 レビュー 評判 本城武則

  6. 『太平洋戦争の大嘘』

    【8万部・550円】『太平洋戦争の大嘘』 藤井厳喜

  1. 『フォーカス・リーディング習得ハンドブック』

    【今なら・無料】『フォーカス・リーディング 習得ハンドブック』寺…

    2019.10.04

  2. 『大富豪の投資術 』

    【今なら無料】『大富豪の投資術 』 レビュー 評判 マーク・モーガ…

    2019.08.07

  3. 『太平洋戦争の大嘘』

    【8万部・550円】『太平洋戦争の大嘘』 藤井厳喜

    2019.08.06

  4. 『クロージングの心理技術21』

    【今なら70%OFF!】『クロージングの心理技術21』 レビュー 評判 ド…

    2019.08.03

  5. 『ウェブセールスライティング習得ハンドブック』

    【今なら¥550】『ウェブセールスライティング習得ハンドブック』 …

    2019.07.31

  6. 『テッド・ニコラスのコンサルタント起業成功法則大全』

    【今なら無料】『テッド・ニコラスのコンサルタント起業成功法則大…

    2019.07.28

  7. 『あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法』

    【特価】『あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンライ…

    2019.07.27

  1. 『現代広告の心理技術101』

    『現代広告の心理技術101』 口コミ レビュー 感想 評判 ドルー・エ…

    2019.09.02

  2. 『脳科学マーケティング 100の心理技術』

    『脳科学マーケティング 100の心理技術』 レビュー 評判 (ニューロ…

    2019.08.01

  3. 『ザ・ローンチ 世界一効率的に億万長者になる方法』

    『ザ・ローンチ 世界一効率的に億万長者になる方法』 レビュー 評判…

    2019.07.29

  4. 『秘・人脈活用術』

    『秘・人脈活用術』(マル秘・人脈活用術) レビュー 評判 ボブ・バ…

    2017.12.26

  5. 『天才詐欺師のマーケティング心理技術』

    『天才詐欺師のマーケティング心理技術』 レビュー 評判 ダン・S・…

    2017.12.25

ブログについて

このブログでは、ダイレクト出版の本をご紹介。ここから、あなたの “ビジネス成功の方法” を見つけてください。44冊の要約を収録した【無料】eBook(会員用)も人気。
 
注)URLが変更されました。directbook.biz (.bz) は以前のドメインです。

ブログ執筆者

いくつかのブログやネットショップの運営をしている。さまざまな会社を経験。社員10万人規模のメーカーから、東証一部上場のIT企業、のちにジャスダック上場のベンチャー、社員10人ほどの中小企業、フリーランス(個人事業主)まで。2009年に起業、会社設立。
 
毎日、数人がメルマガ登録。会員数2,500人。このブログとメルマガを通じて、月間数百人がダイレクト出版の本を手にしている。ブログの誕生秘話は『ザ・ローンチ』のレビューで。
 
⇒【New Blog】インターネットビジネス 成功の方法

期間限定キャンペーン